検索
  • 吉住 孔佑

日本の家計金融資産について

日本の家計金融金融資産に関するデータを2つご紹介します。

まず1つ目は、1998年~2018年の20年間の「家計金融資産の推移」です。

アメリカ 2.7倍

イギリス 2.3倍

日本   1.4倍

と他2国と比較して、日本の伸びは低いです。


その大きな差を生んでいるものが、その内訳の「運用リターンによるもの」の差です。

アメリカ 2.0倍

イギリス 1.6倍

日本   1.2倍

ここでも日本の伸びがとても低いことがわかります。


その理由はなぜか?もう1つのデータがあります。

もう1つのデータは、「家計金融資産構成比」です。

各国の家計金融資産の構成比で1番多くを占めているものが、

アメリカ 株式・投信29.0%

イギリス 保険・年金35.7%

日本   現金・預金51.9%

となっており、


間接保有を含む株式・投信投資割合に関しては、

アメリカ 45.4%

イギリス 35.7%

日本   18.8%


と、日本は”金融資産の多くを(しかも圧倒的多くを!)現金・預金で持ち、

投資の割合は(間接保有を含む)、著しく低い”

ということがわかります。そしてその結果、”家計金融資産があまり増えていない”

という結果につながっています。


ただし、以前と比較し、NISA(つみたてNISA)やiDeCoの制度ができ、

資産形成・資産運用に、興味を持つ方が増えてきていることを実感しております。

そうした制度をしっかりと活用することで、家計の金融資産を増やしていきましょう!



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

投資詐欺相談件数 意外な傾向

毎月購読している、FP向け冊子「きんざい ファイナンシャル・プラン」の記事で、気になるものがありました。「若年層からの投資詐欺相談件数が増える」というものです。 警察庁公表の「生活経済事犯の検挙状況等について」によると、いわゆる投資詐欺の相談件数は、65歳以上の方からの件数は年々減ってきている一方で(依然として、65歳以上の方からの相談件数が割合としては1番多いものの)、20代・30代・40代・5